“読める”次世代の留守電「スマート留守電」

image3

ソースネクストは、留守電を文字に起こし読める「スマート留守電」を発表した。

Android版は290円/月、iOS版は360円/月で本日(5/23)より発売している。




留守電をテキスト化

アンケート4

各留守番電話サービスを利用しているユーザーの多くが「メッセージを聞くのが面倒」であると回答している。

しかし、この「スマート留守電」は留守番電話として録音されたメッセージをテキスト化しユーザーにアプリやメールで通知するので、ユーザーは音声を聞く手間なしに、留守番電話の内容を即時に把握できるようになる。

メッセージは専用電話番号をユーザーごとに発行し、無応答の状態が指定秒数経過後その番号に転送し録音する。電話を転送するという形になるため、キャリアやプランによっては転送通話料がかかったり、転送サービスを提供していない場合もあるため注意が必要だ。

知らない番号からの着信も590万件の登録データから検索

image8

この「スマート留守電」は宅配便のドライバーやレストランなど、自身の電話帳に登録されていない番号からの留守番電話でも、590万件の法人データを照合し、発信者の名称を表示することができる。

「スマート留守電」は各アプリストアからダウンロードの他、スマートフォンやSIM販売事業者、MVNOなど10社以上からも販売を行う予定としている。

カテゴリ: ビジネス
現在の価格: 無料

スポンサーリンク