GPU内蔵「5K Retina Thunderbolt Display」登場か?

5K-Thunderbolt-Display-With-GPU

9to5MacがGPU内蔵の「5K Retina Thunderbolt Display」が登場するのではないかと報じている。

5K搭載の可能性は低いと思われたが….?

先日、Thunderbolt Displayの品切れが多数の国で相次ぎ(「Thunderbolt Display」新型登場?単なる在庫調整?)新型が登場するのではないと噂が立っていた。

しかし現在5Kに対応している製品が少ないことや、ケーブル2本で接続する必要があるなど難点があったため登場する可能性は低いと言われていた。




GPU、Thunderbolt 3搭載で問題点解決か?

噂されている新型では内蔵GPUを搭載することで、Mac本体に高性能なGPUを搭載していなくても高性能なGPUを自動選択し、5Kでの出力が可能になるためMacbookやMacbook Airなどでも使用できるようになるようだ。

またケーブルが2本必要な問題についても、USB-Cを使用した「Thunderbolt 3」を使用することで解決できる可能性もでてきた。

このGPU制御機能は6月13日(現地時間)から開催される「WWDC 2016」で発表される可能性の高い「OS X (mac OS?) 10.12」に組み込まれる予定だ。

早ければ「WWDC 2016」で発表されるとみられているが、仮に発表されても発売は秋頃になる可能性もありそうだ。

Source: 9to5Mac

スポンサーリンク