「Thunderbolt Display」新型登場?単なる在庫調整?

最新記事:GPU内蔵「5K Retina Thunderbolt Display」登場か?

Thunderbolt-Display

MacRumorsは現在一部の国と地域で「Thunderbolt Display」が品切れ状態となっており新型が「WWDC 2016」で発表される可能性が高いと報じている。




「出る出る詐欺」は今年で終わりか?!

27インチでThunderboltを1本つなぐだけでMacbook等と接続・充電でき定評があった。

2011年発売以降ほぼ毎年、「新型がでるのではないか」とWWDCやMac発売前に噂されてきた。国内のApple Online Storeでは「在庫あり」となっているが、他国では長期間品切れ状態が続いている。

5K Displayにはならない可能性大

Apple-Thunderbolt-Display

2014年以降「iMac 5Kディスプレイモデル」が発売されており、5Kでの登場が期待されているが、現状「iMac 5Kディスプレイモデル」「AMD Radeon R9搭載のMacbook Pro Retina (15インチ/Mid 2015)」「Mac Pro Late 2013」のみサポートしており、「DisplayPort 1.2」の仕様上、ケーブルが2本必要な状態になっている。

「DisplayPort 1.3」では1本での出力に対応しているが、Intelの最新プロセッサー「Skylake」と今年後半発売予定の「Kaby Lake」はサポートしない。

わざわざ2本のケーブルを使用して一部のみに対応する可能性は低いため、在庫調整の可能性も低くはない。

最新記事:GPU内蔵「5K Retina Thunderbolt Display」登場か?

Source: MacRumors

スポンサーリンク